春から初夏、ホタルイカは深海からやってきて、夜の海面を青白い光で妖しく照らす。

 初夏から夏には、ホタルが日没後野山の水辺を音も無く舞い、黄緑色の光を明滅させる。
 それら命を持つものの不思議な光を、フォトグラム(※)の技法により写した。
 ホタルにはカラー印画紙、ホタルイカにはカラーポジフィルムを用いた。

 どちらも体内の発光物質ルシフェリンにルシフェラーゼという酵素を反応させて光っている。

 その美しい光は熱を持たない冷光だ。

 仲間との交信や敵の目をくらますために使われるようだが、発光の理由や仕組みについてはまだ謎が多く、全容は解明されていない。

西村 陽一郎

2014年「ホタルとホタルイカ」展

 

(※)フォトグラム
 カメラを使わず、暗室のなかで制作する写真技法。通常のフォトグラムは印画紙上に被写体を乗せ、上から電球などの光を当ててその影を写しとる。

 だが、今回のシリーズは被写体である生物自身が光源でもあるため、他の光は使用していない。

​ⒸYoichiro Nishimura  All right reserved. 
  • Facebook - Black Circle
  • Twitter - Black Circle
BLOG  /  NEWS
logo_nishimura-HP.png