美方八重(みかたやえ)、紅(くれない)、黒姫(くろひめ)、紅手毬(べにてまり)など、山紫陽花の花々を写しました。街や公園でよく見られる西洋紫陽花に比べて、花や葉が小ぶりで、造りも繊細です。山中の沢沿いによく自生していることから、沢紫陽花とも呼ばれるそうです。

 スキャングラム作品17点展示予定。

2017年「紫陽花」展