散った花の魂は、全てが御仏様の花園に生まれ変わる、と金子みすゞはいった。

 うつつにあってどこまでも、花は明るく、親切だ。

 この慈愛に満ちた花々の光を胸に、私も真っ直ぐに生きていきたいと思う。

 奇しくも初日が花まつりとなる今展には、菊、チューリップ、ツツジ、椿、ハイビスカス、ビヨウヤナギ、ボタンの写真20点を展示する。

2016年「花の光」展